オリンピック プライベート

中国語E-learning(語学レベルチェック)結果|東京2020(2020年2月)

2020年2月2日

こんにちは!トリじょ(日英中トリリンガル女子)のマミです(現在妊娠7か月)。

今回は「中国語E-learning(語学レベルチェック)結果|東京2020(2020年2月)」と題して、2020年1月21日に受領したE-learning(語学レベルチェック)のテスト概要&HSK6級&中検準1級保有者(トリじょ中国語結果をお伝えします。

アラサー駆け出し日英通訳者英語語学レベルチェック結果はこちら。

英語E-learning(語学レベルチェック)結果:東京2020(2020年1月)

フランス語検定2級保有者・トリじょフランス語語学レベルチェック結果はこちら。

フランス語E-learning(語学レベルチェック)結果|東京2020(2020年2月)

日本語ネイティブ・トリじょ日本語(母語)語学レベルチェック結果はこちら。

日本語(母国語)E-learning(語学レベルチェック)結果|東京2020(2020年2月)

はじめに(E-learningとは)

2019年10月から始まった東京オリンピック・パラリンピックボランティア(Field Cast)の共通研修は「集合研修」と「E-learning」で構成されており、「集合研修」は他Field Castと一緒に座学を受講(トリじょ受講済み)、「E-learning」はその名の通り自宅学習である。

今回お伝えする「語学レベルチェック」はこの「E-learning」の一部で、TOKYO 2020 Field Cast運営事務局のメール文面によると、

E-learning(語学レベルチェック)は、英語の語学レベルをチェックしたい方のみに受講いただけます。受講の有無がマッチングに影響することはありませんので、あくまでも希望する方、ご自身の英語力をあらためて確認したい方などにお勧めさせていただきます。

とのことなので、テスト受験自体は任意

といっても、聡明な読者からご指摘いただいた通り「(語学レベルチェックの)受講の有無がマッチングに影響することはない」だけで、「語学レベルチェック結果がマッチングに影響する」可能性は残している

なので、戦略的に語学レベルチェックを受験しないという選択肢もある点ご留意頂きたい。

トリ女の中国語力(2020年2月時点)

E-learning(語学レベルチェック)概要をお伝えする前に、なぜ中国語のE-learning(語学レベルチェック)を受けたんだろう?と思う読者の疑問を解消すべく、わたくしことトリじょの経歴&語学系取得資格を下記に簡単にご紹介する。

 

  • 経歴:東京外大英米科卒後、英語講師や翻訳業務に従事しながら通訳者を志すものの、縁あって北京・清華大学で2年間語学留学を経験(2014年~2016年)。帰国後は、たまに中国語使うものの、英語メインで仕事をこなす。現在は駆け出し日英社内通訳者。
  • 英語資格:実用英語技能検定1級、TOEIC970点、IELTS speaking 8.0、ビジネス通訳検定2級
  • 中国語資格:HSK6級、HSKK高級(HSKのスピーキング版)、中国語検定試験準1級、国際漢語教師(International Chinese Language Teacher)

 

本記事、中国語記事なので中国語資格についてより詳しくお伝えすると、2015年に中検準1級合格後、2016年HSK6級250点取得、同年秋に中検1級受験も不合格

中検1級不合格結果は下図の通り。

中検1級結果

帰国後は、中国語をたまに仕事で使用するものの、英語メインで生計立ててる関係上、定期的&継続的な中国語学習はできていない。

上記から、2020年2月現在のトリじょ中国語力を自己判断すると、中検1級受験した2016年秋・中国語力ピーク時期から約3年間ほとんど勉強してないので、中検準1級合格できるかか微妙なラインと考える。

したがって、これからお伝えする中国語E-learning(語学レベルチェック)結果は、上記中国語力での受験結果であるとご理解いただきたい。

最後になるが、20代最後に中国語無勉強で中国留学した経緯について興味を持たれた読者は、下記記事をご参照頂きたい。

【2020年1月更新】中国語力ゼロで中国留学してみた①

E-learning(語学レベルチェック)概要

それでは下記に、E-learning(語学レベルチェック)の一連の流れをお伝えする。

1.TOKYO 2020 Field Cast運営事務局から指定されたURLをクリックすると、下記画面が表示される。

東京2020中国語の語学レベルチェック結果

「中国語力を試す」をクリック。

 

2.個人情報入力&テスト概要説明

東京2020中国語の語学レベルチェック

のちに理由を説明するが、入力する個人情報は東京2020ボランティアで登録済みの情報と一致させた方が無難である。

したがって、メールアドレスを複数持っている場合、ボランティアで登録したメールアドレスを再確認&入力することをおススメする。

テスト形式は英語の語学レベルチェック同様、リーディング15分&リスニング15分

 

3.リーディングセクションのルール説明

東京2020ボランティア|中国語の語学レベルチェック結果

英語の語学レベルチェックとまったく同じ。

ルール1:リーディングは15分間

ルール2:全問回答してほしいが、難しい場合はスキップしてOK

ルール3:一度回答すると、前の問題に戻れない

 

4.リーディングセクション開始(15分間)

英語の語学レベルチェックと同じ問題形式で、文法&読解問題。

 

5.リスニングセクションのルール説明。※リーディングセクションと同内容。

ルール1:リスニングは15分間

ルール2:全問回答してほしいが、難しい場合はスキップしてOK

ルール3:一度回答すると、前の問題に戻れない

 

6.リスニングセクション開始(15分間)

 

7.テスト結果

HSK6級&中検準1級・トリ女のチェック結果

トリじょの結果発表する前に、中国語レベルチェックの感想をお伝えする。

問題形式が英語のレベルチェックと同じため落ち着いて回答できたものの、自身のリスニング力不足ゆえ、リスニング問題の時間が足らず、大問1問はテキトーに回答。

したがって、リーディングは全問回答&リスニングは難しい、というのがトリじょの感想である。

ということで、HSK6級&中検準1級・トリじょの結果を下記に発表!

東京2020ボランティア|中国語の語学レベルチェック結果

100点満点中55点で、CEFR(セファール)のB2レベル。

レベルチェック後の印象とは裏腹に、リスニング点数の方がなぜか高い結果になったものの、中国語力が英語と同じ基準・CEFRで判定されるのがとても新鮮

言語が異なるので大した参考にはならないが、文部科学省が平成30年に作成したCEFR(セファール)と各資格・検定試験との対照表(英語)を見ていただくと、

東京2020ボランティア|中国語の語学レベルチェック結果

B2レベル ≒ 英検準1級~1級、IELTS5.5~6.5、TOEFL72~94

トリじょの中国語力は英語でいう英検準1級相当」という説明は分かりづらいものの、英語力との比較ができるようになっただけ前進した気もする。

今回のレベルチェックで、トリじょの英語力:C1、中国語力:B2と判明。

中学時代から勉強始め、東京外大英米科卒業、英語で生計立ててきたアラサー(30代前半)の英語力がC1で、20代最後の2年間のみで培った中国語力がB2。

トリじょの英語力向上スピードが遅いのか、同じ漢字圏の中国語が日本人にとって学びやすいのか、留学という学習環境が良かったのか(英語圏留学経験なし)、よく分からないが複雑な気持ちである。

 

それでも、英語レベルチェック同様、中国語レベルチェックテストの結果は適切だと思う。

HSK公式ホームページ上智大学言語教育センターがCEFRとHSKの対照表を下記示しているが、

  • HSK公式ホームページ(CEFR&HSK対照表)

東京2020ボランティア|中国語の語学レベルチェック結果

東京2020ボランティア|中国語語学レベルチェック結果

少なくとも漢字圏の日本人にとって、HSK6級=CEFRC2レベルにはならない

下記記事でもお伝えしている通り、語学留学を目的として中国留学に来た日本人社会人の大半が、留学6か月~1年でHSK6級取得している。

【2020年1月更新】中国語力ゼロで中国留学してみた②

が、HSK6級取得後も、レベルの差はあれ、リスニングとスピーキングに苦戦し続けるのである(つまり、C2レベル「自然に、流暢かつ正確に自己表現ができ、非常に複雑な状況でも細かい意味の違い、区別を表現できる」ようにはなっていない)。

駆け出し通訳者のトリじょ英語力がCEFRC1レベルなので、駆け出し通訳者すらなれないトリじょ中国語力はB2以下であるハズ、という経験則から判断すると、トリ女中国語力=CEFRB2レベルというのは一定の納得がいく結果である。

おわりに

実はトリじょ、中国語のレベルチェック受験する前に、実験台としてトリ(トリじょの夫)に受験してもらった。

東京2020ボランティア用のレベルチェックと分かっていたが、一見誰でも受験可能だったためである。

ちなみに、中国で出会ったトリもHSK6級保有者なのだが、結果は下記のように。

東京2020ボランティア|中国語の語学レベルチェックテスト結果

リーディングよりもリスニングの方が得点高い、というのはトリじょと同じ結果だが、肝心のCEFR判定されず

おそらく、下記個人情報入力時にオリンピックボランティア(Field Cast)かの識別がされており、ボランティア以外の受験者にはCEFR判定しない設定になっているのだろう。

東京2020中国語の語学レベルチェック

したがって、CEFR判定されたい読者は、ボランティア登録時と同じ情報を入力することをおススメする。

 

冒頭でもお伝えしているが、戦略的に語学レベルチェックを受験しないという選択肢もある。

が、英語以外の語学力をCEFR判定できる無償のレベルチェックはそうないため、受験してみるのも一興ではないだろうか。

 

記事更新のはげみになりますので、トリ女のTwitterをフォローしてもらえると嬉しいです。

トリじょの東京2020ボランティア記事に興味ある読者は、下記をご覧いただきたい。

  1. 東京2020ボランティア・オリエンテーション(2019年5月)
  2. 東京2020ボランティア共通研修①:集合研修編(2019年10月)
  3. 東京2020ボランティア共通研修②:E-learning(2019年10月)
  4. 英語E-learning(語学レベルチェック)結果:東京2020(2020年1月)
  5. 中国語E-learning(語学レベルチェック)結果|東京2020(2020年2月)は本記事でお伝えした。
  6. フランス語E-learning(語学レベルチェック)結果|東京2020(2020年2月)
  7. 日本語(母国語)E-learning(語学レベルチェック)結果|東京2020(2020年2月)
  8. E-learning(英語学習)レベルチェック結果&プログラム概要|東京2020ボランティア
  • この記事を書いた人

マミ@日英中トリリンガル

中国語キャリア模索中のアラサー駆け出し日英通訳者。超論理思考の夫に日々脳トレしてもらう、非キラキラ系コンサル妻。2020年1月現在妊娠中&同年春に第1子出産予定。

-オリンピック, プライベート

Copyright© トリ女道〜日英中トリリンガル女子のキャリアブログ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.