プライベート 旅行

ザ・リッツ・カールトンバリ体験記③(2019年9月)

2019年12月18日

こんにちは!トリ女(日英中トリリンガル女子)のマミです。

 

今回は「ザ・リッツ・カールトンバリ体験記(2019年9月)」シリーズ第3回目で、2019年9月に夫婦で宿泊したザ・リッツ・カールトンバリをご紹介します。

 

2019年12月の真冬・日本ですが、真夏のバリをお楽しみください。

 

ザ・リッツ・カールトンバリの部屋を中心に紹介した第2回目はこちら。

www.tri-girl.com

 

 

はじめに

2019年9月、妊活中の30代トリ夫婦は、DINKs(Double Income No Kids:子なし・共働き夫婦)最後の海外旅行になるかもしれないと、奮発してザ・リッツ・カールトンバリに3泊4日宿泊。

 

これまで宿泊経験ある三亜(中国)ランカウイ(マレーシア)沖縄のリッツ・カールトンと比較し、ザ・リッツ・カールトンバリのプラス&マイナスポイントは下記の通り。

 

3つのプラスポイント。

  1. 無料アクティビティ多し
  2. ホテル内での食事価格がリーズナブル
  3. フローティングブレックファースト有 ※部屋によってできない場合あり

 

2つのマイナスポイント。

  1. ラウンジのコストパフォーマンス低(体験記②で説明済み)
  2. 普通の朝食(体験記②で説明済み)

 

上記ポイントをおりまぜながら、本記事では下記3つのプラスポイントを中心にご紹介し、

 

  • ホテル内アクティビティ
  • ホテル内レストラン
  • フローティングブレックファースト

 

ザ・リッツ・カールトンバリの全容をひもといていく。

 

ホテル内アクティビティ

 

今回のザ・リッツ・カールトンバリを含め、これまで4か所のザ・リッツ・カールトンに宿泊したが、各リッツ・カールトンで1番の強みが異なる。

 

ランカウイ(マレーシア)は、シャンパンも提供される絶品の朝食

 

沖縄は、各種上質なアルコール飲み放題、アフタヌーンティーも楽しめる、コスパ最高のラウンジ

 

そして今回ご紹介するバリ(インドネシア)は、ホテル滞在時間をより充実させる、豊富なアクティビティである。

 

下記はトリ夫婦が滞在した2019年9月のアクティビティ・スケジュールであるが、毎日10~12もの無料アクティビティが実施されている。

f:id:tri-girl:20191218211959j:plain

※2019年9月時点では下記アクティビティすべて無料で、エアリアルヨガなど有料アクティビティは別途用意されている。

 

スケジュール内の赤線は、トリ夫婦が参加したアクティビティを示している。

 

1日2~4アクティビティに参加、3泊4日で全10アクティビティ体験でき、楽しみながら学びの多い滞在時間を過ごすことができた。

 

それでは下記に参加したアクティビティを紹介する。

 

・Surf Initiation @ Beach

 

初心者向けサーフィンクラスで、インストラクターからサーフィンを教わる。

f:id:tri-girl:20191218210009j:plain

 

1組あたり約15分とやや短いものの、毎日開催されるので、翌日もレッスン受講できる。

 

サーフィン写真を撮り忘れたので、プライベート・ビーチの写真をお楽しみいただきたい。

 

・Cocktail Class @ Raku(日本料理レストラン)

 

ホテル内の日本料理レストラン「楽(Raku)」で、カクテル作り体験。

f:id:tri-girl:20191218210045j:plain

f:id:tri-girl:20191218210123j:plain

 

今回のカクテルは日本なしのマルティーニ。

f:id:tri-girl:20191218210146j:plain

 

まずは、ホテルスタッフの方が作り方を見せてくれる。下記は見本。

f:id:tri-girl:20191218210200j:plain

 

そのあと、トリ夫婦が「楽」のキッチンでカクテル作り。

f:id:tri-girl:20191218210214j:plain

 

カクテル完成後は、窓辺で乾杯!

f:id:tri-girl:20191218210233j:plain

 

・Bon Fire @Breezes(ビーチ前のレストラン)

 

小規模キャンプファイヤー。

f:id:tri-girl:20191218210300j:plain

 

火で溶かしたマシュマロにクッキーを挟んで食す。

f:id:tri-girl:20191218210315j:plain

辛口で申し訳ないが、夕食時(18時頃)に甘いものは合わない上に、味も微妙(砂糖を食べてるみたいに激甘)。

 

ソーセージとか、トウモロコシの方が食材としては良かったのではないだろうか。

 

・Yoga @ Chapel Lawn

 

海を眺めながら、芝生の上でプラクティスする朝ヨガは最高!

f:id:tri-girl:20191218210343j:plain

f:id:tri-girl:20191218210548j:plain

トリ夫婦が参加したアクティビティで、満席になるのはYogaクラスのみ。

 

Cooking Class @ 屋外

 

インドネシア料理サテを作る。

f:id:tri-girl:20191218210624j:plain

 

具材を切るリッツ・カールトン専属のコック。

f:id:tri-girl:20191218210639j:plain

 

トリ夫婦含む参加者は、肉を割りばしに盛りつけていく。

f:id:tri-girl:20191218210659j:plain

 

しばらく焼いたら・・・

f:id:tri-girl:20191218210716j:plain

 

完成!

f:id:tri-girl:20191218210730j:plain

日常生活で夫婦一緒に料理する機会はほとんどないので、料理教室は楽しい。

 

・Sushi Making Class @ Raku(日本料理レストラン)

 

かっぱ巻きづくりに挑戦。

f:id:tri-girl:20191218210752j:plain

 

日本人のトリ夫婦には、ちょっと簡単かな。

f:id:tri-girl:20191218210847j:plain

 

・Power Walk @ Resort Jogging Trail

 

インストラクターと一緒にホテル敷地内を歩く、という一見地味なアクティビティだが、Yogaと料理教室と同じくらい(もしくはそれ以上に)楽しいアクティビティだった。

 

インストラクター1名、トリ夫婦2名の計3名でのPower Walk。

 

このインストラクター、毎回参加した朝ヨガのインストラクターでもあったため、互いのプライベートを話しながら、楽しくウォーキングを実施。

 

ヨガ好きの読者はご存知かもしれないが、バリ島にあるウブドという地域は、多くのヨギー(ヨガ実践者)が集まる場所でもある。

 

今回ウォーキングにおつきあい頂いたインストラクターも、ウブドで10年ヨガインストラクターをつとめたあと、新しいことに挑戦して自己研鑽するため、競争率高いリッツ・カールトンのインストラクター職に挑戦&見事職を得たとのこと。

 

どこの国でも、意識的に自己研鑽に励まれる方は素敵だなあと。

 

ウォーキング中は、ホテル滞在者が行かないような業務用通路も通る。

f:id:tri-girl:20191218210910j:plain

 

おサルもたくさんいたりと、優雅できらびやかな雰囲気とは異なる、ワイルドなリッツ・カールトンを垣間見た。

f:id:tri-girl:20191218210928j:plain

 

ほかにもアクアヨガやメディテーションなど魅力的なアクティビティがあるので、是非参加してみていただきたい。

ホテル内レストラン

 

つぎに、ホテル内レストランを簡単にご紹介する。

 

・日本料理レストラン「楽(Raku)」

 

食あたりでお腹の調子が悪かったトリ女。

 

海外で日本料理食べない派のトリ女も、体調不良時に和食に救いを求めてしまった。

f:id:tri-girl:20191218224523j:plain

揚げだし豆腐。

 

f:id:tri-girl:20191218224542j:plain

天婦羅うどん。

 

前回の記事で朝食は普通と辛口コメントしたトリ女。

 

揚げだし豆腐もうどんも超普通だったが、お腹には優しい食事だった。

 

これで約3,000円はコスパ低いが、リッツ・カールトンでのディナー代と考えれば、高くはない・・・ハズ。

 

・インドネシア料理レストラン「Bejana」

 

ザ・リッツ・カールトンバリでは「Bejana」が1番美味しかった。

 

おつまみに提供されるチップス。

f:id:tri-girl:20191218225734j:plain

 

おつまみをディップする、色とりどりのソース。

f:id:tri-girl:20191218225751j:plain

 

そして、サラダ&ナシゴレン(インドネシア風チャーハン)。

f:id:tri-girl:20191218225950j:plain

 

食事も美味しく、飲み物2杯含めての計約8,000円は、リッツ・カールトンのディナーとしては、なかなかリーズナブル。

 

上記レストランのほかに、海辺のタパスラウンジ「Breezes」では、山盛りフライドポテトが約500円と、安くはないが、旅行価格で許容できる手ごろな値段設定だった。

 

シーフード料理店「THE BEACH GRILL」には行く機会がなかった。

フローティングブレックファースト

最後に、「バリ朝食」キーワードで検索すると必ず出てくる「フローティングブレックファースト」をご紹介。

 

f:id:tri-girl:20191218232936j:plain

フローティングブレックファーストとは、その名の通りFloating(フローティング:浮かぶ) Breakfast(ブレックファースト:朝食)」のことである。

 

どんな風に浮かんでいるのか動画で見たい!という読者のために、下記動画をご用意した。

 

 

朝食を浮かべてみる、というヒトならではの発想にアートを強く感じるトリ女。

 

価格は一人分500K インドネシアルピア(約4,000円)+21%(税+サービス料)で約5,000円/人だが、美味しく楽しめたので悔いなし

 

ちなみに写真は一人分

 

夫婦2人で十分な量だった。

おわりに

皆さま、いかがでしたか。

 

「ザ・リッツ・カールトンバリ体験記」第3回では、ホテル内アクティビティ、レストラン、フローティングブレックファーストをご紹介しました。

 

最終回の次回は、ザ・リッツ・カールトンバリにリーズナブルに宿泊する方法などをご紹介します。

 

記事更新のはげみになりますので、トリ女のTwitterをフォローしてもらえると嬉しいです。

 

  • この記事を書いた人

Mami@Trilingual in JP, EN and CH

中国語キャリア模索中のアラサー駆け出し日英通訳者。超論理思考の夫に日々脳トレしてもらう、非キラキラ系コンサル妻。2020年4月第1子出産。 Fledgling English-Japanese interpreter, seeking for Chinese career as +α. At the same time, wife who has a consultant husband with ultra-logical thinking. And mother who gave birth in April 2020.

-プライベート, 旅行

Copyright© トリ女道〜日英中トリリンガル女子のキャリアブログ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.