トリ女道~トリリンガル女子のキャリアブログ~

日英通訳の私が+αで中国語のキャリアを模索します

マイナーおススメ映画①:『ダンガル きっと、つよくなる』(2018年)

こんにちは!トリ女のマミです。

今回は、日本では知られていないけど是非おすすめしたいインド映画

ダンガル きっと、つよくなる

を語りたいと思います。

gaga.ne.jp

ダンガル きっと、つよくなる

2018年日本公開のインド映画で、

海外興行収入がインド映画史上最高額を記録した映画※1

お隣中国では約13億元※2(約215億円:1元=16.5円)の興行収入で大ヒットし※3

この金額は2018年国内洋画興行収入トップ3の『ジュラシック・ワールド 炎の王国』、『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』、『ボヘミアン・ラプソディ』(12月29日時点)を合計したものと同程度。

 

主演は『きっと、うまくいく』や『PKピーケイ』で有名なインドの映画俳優 アミール・カーン。

 

※1 参考情報:2017年6月27日『Dangal with Rs 2000-cr Box Office Collection makes Aamir beat Salman and Shah Rukh Khan’s highest overseas grossing movies put together!

※2 参考情報:2019年3月9日閲覧百度百科

※3 参考情報:2017年5月17日BBC NEWS中文「《摔跤吧!爸爸》凭什么红遍中国和印度?

ストーリー要約

経済的な理由で国際大会のレスリング選手になれなかった父親が、

娘2人に国際大会で金メダルを取らせるため、

スパルタ教育でレスリング選手に育てていく。

娘の子供時代から選手時代までをテンポよく描いていく。

感想

良かった点

・140分とやや長い映画にも関わらず退屈しない展開。

・アミール・カーンお得意のギャグ&シリアスの組み合わせが絶妙。

・インド映画特有の主題歌・挿入歌に味あり

・インド社会の女性差別やスポーツ界の苦境など幅広く学べる

不満な点

 ・質の高い内容とは対照的に題名がチープ。特に「きっと、つよくなる」部分。

おわりに

 「厳しくも愛情深い父親と、徐々にレスリング選手に育っていく娘」というストーリー自体に意外性はありませんが、展開の速さ、笑いとシリアスの絶妙なバランス、そしてレスリングのダイナミックな映像に引き込まれます。

明日から頑張ろう!と元気づけられる、そんな映画です。

 

しかもマイナー映画にしてはめづらしく、

アマゾンプライムで視聴できます(追加料金かかりますが)。

多少の踊りと歌はありますが、そんな気になりません。

昔見たインド映画にトラウマがある方も、ぜひ見てみてください!

 

記事更新のはげみになりますので、

トリ女のTwitterをフォローしてもらえると嬉しいです。