トリ女道~トリリンガル女子のキャリアブログ~

日英通訳の私が+αで中国語のキャリアを模索します

トリ女、面接に行く①(日系食品メーカー:通訳・翻訳職編)

こんにちは!トリ女のマミです。

今回はトリ女が体験した日系食品メーカーの面接について語ります。

転職回数多いトリ女でさえ初めて経験する刺激的な面接でしたが、

通訳職・翻訳職を希望している方の何らかの参考になると幸いです。

はじめに

現在社内通訳しているトリ女ですが、

昨年勤務先企業のビジネス状況に大きな変動があり、

通訳案件が減少しつつあるんです。

 

長期的なキャリア形成を考えて、

転職も視野に入れ始めたので、

現在興味ある求人に応募しています。

 

現職で初めて「通訳」の肩書きを手にしたトリ女。

それまで通訳業務あり職種(秘書や海外担当など)には、

ほとんど書類選考落ちしていたのですが、

社内通訳歴1年ちょっとの今でもほとんど書類選考通過してます。

 

同時通訳の求人には応募しない、

通訳歴5年以上の求人に応募しないなど、

実力に合った求人にしか応募してないということもありますが、

それでも肩書の絶大な威力に驚いてます。

 

労働条件・仕事内容・応募条件

今回面接に行ったのは日系食品メーカーで、

幕末に事業を興した歴史長い老舗企業。

現在もその一族経営が続いている。

 

経験則なのですが、

転職回数多いトリ女は伝統的な日本企業に好かれません。

書類選考通過したのも驚きでしたが、

面接前に某人材派遣会社の企業担当者から、

「(トリ女の)社歴が気になるって言ってました」とのコメントが。

 

労働条件、仕事内容、応募条件は下記の通り。

  • 労働条件

正社員、年収500~700万円

  • 仕事内容

■海外の取引先との商談での通訳
■社長や海外事業本部長に帯同し、海外出張時における現地取引先との通訳・翻訳
■国内勤務時において海外取引先とメール対応や電話対応
■英文書類の翻訳
■これから進出する市場の調査や顧客との会議
■上記に付随する業務全般

海外出張先は、

北米・オーストラリア・ロスアンゼルス・中国(青島)・タイ(バンコク)など。

  • 応募条件

■実際に通訳(英語圏)を行ってきたご経験

■ネイティブレベルの英語力

面接当日

トップダウンは強いほう、

と人材派遣会社企業担当から聞いていた通り、

1次面接は会長(奥様)と社長が登場するとのこと。

あと「履歴書は手書きがベスト」とのことで急いで準備。

 

半休取得した平日午前中に面接。

会長は遅れるとのことで、社長と2人での面接開始。

離れた場所で人事担当者が議事録係を務める。

 

1社目から現職に至るまで辞めた理由を聞かれる(反応悪め)。

次に、現在転職したい理由を尋ねられたため、

通訳になるために現職に就いたがビジネス状況が変わり・・・、

と状況説明から入った途端社長怒り出す。

 

「簡潔に言いなさいって言ってるだろう!」と怒鳴り始めたので、

「通訳力アップです」と咄嗟に答えるトリ女。

今から考えてみてもあまりよくない返答だったが、

まあ言ってしまったものは仕方ない。

 

そこから社長の怒涛の説教。

「うちには通訳専属で雇うほど仕事ないんだよ!」

「女性だからって、語学を武器に会社を踏み台にしようなんて・・・」

などなど、求人と異なる内容の発言や、女性蔑視ともとれる発言もあり。

同席している人事担当からのフォローもなし。

 

そこへ会長(奥様)が登場して突然和やかモード突入

会長に気に入られたトリ女は、

通訳もある別職種への仕事をオファーされる。

おわりに

転職回数多い(=転職活動多い)トリ女ですが、

初対面の社長に怒鳴られた面接は初めてです。

現社長のもと破竹の勢いで売り上げ伸ばしているらしいのですが、

社員さん達は大変そうだなあと。

 

この後トリ女はどうしたのか、続編をお待ちください。

 

記事更新のはげみになりますので、

トリ女のTwitterをフォローしてもらえると嬉しいです。