トリ女道~トリリンガル女子のキャリアブログ~

日英通訳者の私が+αで中国語のキャリアを模索します

トリ夫婦、旅に出る(マレーシア編)⑤:カヤック De ジャングル

こんにちは!トリ女のマミです。

 

「トリ夫婦、旅に出る」と題して、トリ女のゴールデンウィーク旅行記をつづりたいと思います。

 

今回はマレーシア・ランカウイ島の、日本人Takaさんによるワイルドなアクティビティ『カヤック De ジャングル』をご紹介します。

langkawiclub.com

はじめに

下記スケジュールで旅に出たトリ夫婦。

 

4月24日~4月28日:カンボジア(シェムリアップ+プノンペン)

4月29日~5月4日:マレーシア(ランカウイ島+クアラルンプール)※現在ここ

5月5日~5月7日:韓国(ソウル)

 

令和元年1日目(2019年5月1日)に選んだのは、ワイルドなアクティビティを通して、ランカウイ島の魅力を伝える日本人Takaさんの『カヤック De ジャングル』。

 

海外滞在歴10年以上の日本人Takaさんによる、日本人観光客のための、日本語によるツアーです。

 

自分でカヤックを漕ぎながら、マングローブを見学したり、洞窟に行ってコウモリ見たりするこの体験型ツアーを1か月ほど前に予約したのですが、すでにほぼ満席でギリギリ予約が取れました。

カヤック De ジャングル

アクティビティの大まかな流れは下記の通り。

 

  • カヤックを漕ぎながら景色を楽しむ(もちろん事前練習あり)
  • 洞窟でコウモリ見学
  • 夕食(釣れたイカをみんなで堪能)

 

この流れの中で、Takaさんによるマングローブや野生動物の解説、夕焼け鑑賞しながらのアフタヌーンティー、夜空の星座鑑賞など、きめ細やかなアクティビティを体験していきます。

 

当日は、Takaさん含めてワイルドな日本人14人が参加。

 

令和元年1日目を、マレーシア・ランカウイ島のマングローブ内で過ごそうという、なかなか見所のある日本人の方々と一緒にアクティビティできて、非常に頼もしい限りでした(皆さま良い人でした)。

 

下記写真で、アクティビティの魅力をお伝えできればと思います。

ランカウイ島のマングローブ

ランカウイ島のマングローブ

カヤックを漕ぎながらの撮影。

 

トリ女が後方で漕いで、トリ夫が前方で撮影。

ランカウイ島のマングローブ

ランカウイ島のマングローブ

カヤックを漕いで近づいてみると、根本があらわになっているのが見える(撮影時干潮)。

ランカウイ島の自然を解説するTakaさん

ランカウイ島の自然を解説するTakaさん

狭いところをカヤックで漕ぎ、洞窟に到着。

コウモリのいる洞窟

コウモリのいる洞窟

洞窟の暗闇を静かに這っていくと、コウモリが眠っている場所に到着。

洞窟に眠るコウモリ

洞窟に眠るコウモリ

コウモリは小さくて(体重約6g)、結構かわいかったです。

 

洞窟を出ると、日が落ちてマングローブの表情がすっかり変わってました。

ランカウイ島のマングローブ(夕方)

ランカウイ島のマングローブ(夕方)

Takaさんから頂いたマレーシアのお菓子とともにアフタヌーンティー。

アフタヌーンティーとともに

アフタヌーンティーとともに

その後イカダで皆さまと夕食を堪能しました。

 

スポーツ(カヤック漕ぎ)後のTigerビールは最高です!

 

Takaさん、本当にお世話になりました。

おわりに

トリ夫婦旅行の醍醐味の1つは、現地でご商売されてる日本人に会うこと。

 

今までお会いした方は皆さま個性豊かで、本当にたくましい

 

そんな魅力的な方々にお会いすることで、ポジティブオーラを分けてもらうトリ女(トリ女自身は、超ネガティブなので笑)。

 

今回はTakaさんによる『カヤック De ジャングル』をご紹介しました。

langkawiclub.com

 

記事更新のはげみになりますので、

トリ女のTwitterをフォローしてもらえると嬉しいです。