トリ女道~トリリンガル女子のキャリアブログ~

日英通訳者の私が+αで中国語のキャリアを模索します

東京オリンピックチケット・敗者復活戦で予約してみた(2019年8月10日)

こんにちは!トリ女のマミです。

 

今回は「東京オリンピックチケット・敗者復活戦で予約してみた」と題して、2020年東京オリンピックチケットGETに再チャレンジします。

 

東京オリンピックチケット1次抽選予約についてはこちら。

www.tri-girl.com

 

敗者復活戦ルール「上限セッション数は1セッションのみ」で、「カスケードサービス」と「第2希望サービス」は設定可能、という言葉だけではなかなか理解しにくいルールも丁寧にご紹介していきます。

 

 

はじめに(敗者復活戦って?)

2019年5月9日~29日の期間で実施された東京オリンピックチケット1次抽選。

 

応募総数約512万人に対して当選者が96万人、1枚も当選しなかったのが約416万人と、落選者が非常に多い抽選結果になった。

 

この救済策として、2019年8月8日~8月19日の期間、1次抽選落選者416万人を対象とする追加抽選、いわゆる敗者復活戦を実施することになったのである。

 

対象チケットは、メダル決定戦含む約68万枚

 

今回チケットが販売されるメダル決定戦は以下の競技のほか、近代五種、ホッケー、馬術などがある。

 

  • 野球:男子3位決定戦
  • サッカー:女子3位決定戦
  • ソフトボール:女子3位決定戦
  • ビーチバレーボール:男子
  • 陸上競技(マラソン):男子
  • フェンシング:女子
  • ウェイトリフティング:女子
  • テコンドー:男女

 

敗者復活戦ルール

 では追加抽選こと、敗者復活戦のルールを簡単にご説明する。

 

  1. 上限セッション数は1セッションのみ
  2. 第2希望サービス設定可能
  3. カスケードサービス設定可能

 

まず「上限セッション数は1セッションのみ 」について。

 

個人的には、聞きなれない「セッション」という言葉がルールを分かりづらくしている気がするのだが、要するに「(どんな競技であっても)1試合しか予約できません」ということ。

 

自由度が高かった1次抽選では、複数競技の試合を予約できたが、今回予約できる試合は1つしかないのである(例えば、サッカーと野球を予約できた1次抽選に対し、今回はサッカーのみしか予約できない)。

 

その保険的役割を果たすのが「第2希望サービス設定可能」。

 

第1希望のチケットが落選でも、第2希望のチケットが当選する可能性を残すのが、1次抽選にはなかったこの新ルール。

 

第1・第2希望のチケット両方落選ももちろんありえる。

 

さきほどのサッカーと野球の例で説明すると、第1希望をサッカーに、第2希望を野球にできる。

 

最後のルールが「カスケードサービス設定可能」。

 

高いチケットが落選だった場合(例えばA席が落選だった場合)、1つ下の席種(B席)が抽選対象になる設定で、「第2希望サービス設定」と同様、当選率を高めるルールである。

 

上記ルールを念頭に置いて、下記で実際に予約してみる。

実際購入してみた

前回のような混雑はなく、ログインとともに表示されたおなじみの画面。

f:id:tri-girl:20190810150132j:plain

 

 とりあえずメダル決定戦を検索。予約できないチケットはグレーに。

f:id:tri-girl:20190810150150j:plain

 

かろうじてルールが分かる野球を選択。

 

土曜開催なので、共働きのトリ夫婦のスケジュールにも問題なし。

 

f:id:tri-girl:20190810150210j:plain

いざチケット選択画面。

 

当選確率を高めるため、カスケード設定しようとA席を見るも・・・

f:id:tri-girl:20190810150225j:plain

1枚45,000円もするの!?と高価格に衝撃を受ける。

 

2人で9万円なら旅行行ける値段なので、A席断念。

 

許容できる価格がD席(9,000円/人)しかないので、カスケード設定なしで選択。

 

ちなみにカスケード設定したい場合は、チケット選択画面右下にある「カスケード」を「オン」にする。

f:id:tri-girl:20190810155550p:plain

 

第2希望はメダル決定戦でない、かろうじてルールがわかるバレーボールを選択。

 

平日だが夜開催なので、なんとか観戦できるかも・・・。

f:id:tri-girl:20190810150241j:plain

f:id:tri-girl:20190810150253j:plain

またもや値段の壁にはばまれて、D席を選択(カスケード設定なし)。

 

第1希望(野球)、第2希望(バレーボール)を選択して確認画面に。

f:id:tri-girl:20190810150314j:plain

 

野球に「1希望」、バレーボールに「2希望」、申込合計「1セッション」になっていることを再確認。

 

下記のようになっていたら、自動的に無効になってしまうのでご注意いただきたい。

 

f:id:tri-girl:20190810160402p:plain

 

これだと第1希望に野球・バレーボールを選択し、2セッション(2試合)予約していることになるので、申込みできるものの自動的に無効になってしまう

 

最後の確認画面にも予約が1セッションになっているか、再度たずねられる。

f:id:tri-girl:20190810150647j:plain

 

申込みを終えると、下記画面が表示され、予約完了メールを受領する。 

 

f:id:tri-girl:20190810150703j:plain

 

これで東京オリンピックチケット予約はおしまい。

おわりに

 今回は東京オリンピックチケット・敗者復活戦の予約方法をご紹介しました。

 

予約期間は2019年8月8日~8月19日で、当選発表は来月9月11日

 

1次抽選で落選してしまった皆さま、チケット予約で再度ドキドキしてみませんか?

 

次回は抽選結果発表します。

 

記事更新のはげみになりますので、

トリ女のTwitterをフォローしてもらえると嬉しいです。