プライベート 旅行

2019沖縄観光・美ら海水族館とハートロック(古宇利島)

2019年7月20日

こんにちは!トリ女のマミです。

 

トリ夫婦沖縄旅行記事・第3回目は、美ら海水族館と、嵐のCMで有名になったハートロック(古宇利島)をご紹介します。

 

第2回「今帰仁なきじんグスク」をご紹介した記事はこちら。

www.tri-girl.com

 

これから沖縄旅行に行かれる方や、沖縄に興味ある方、沖縄の通訳案内士を目指される方、旅ブログを読むのが好きな方などに、有益な記事になれれば幸いです。

 

 

はじめに

午前中に今帰仁なきじんグスク観光をおえたトリ夫婦。

 

海沿いの「カフェ チャハヤブラン」で、ラフテー丼(ラフテー大盛)と沖縄そば(鶏肉大盛)をテラス席で堪能。

 

テラス席からのながめ

テラス席からのながめ

チャハヤブランのラフテー丼(ラフテー大盛)

チャハヤブランのラフテー丼(ラフテー大盛)

チャハヤブランの沖縄そば(鶏肉大盛)

チャハヤブランの沖縄そば(鶏肉大盛)

エネルギー補充したあと、美ら海水族館に向かった。

美ら海水族館

沖縄旅行記事・第1回目にも登場した海洋博公園に再度到着。

 

海洋博公園の花火大会の記事はこちら。

www.tri-girl.com

 

海洋博公園のスゴいポイントの1つは、美ら海水族館近くでイルカショーが無料で楽しめる

 

しかもイルカ5匹もいる海洋博公園公式HP)。

 

f:id:tri-girl:20190720142104j:plain

 

この通称「オキちゃん劇場」、夏限定で「スプラッシュタイム」を開催。

 

「スプラッシュタイム」とは、イルカたちがダイナミックな動きをして、水槽から飛び出る大量の水(海水)を浴びて涼しくなろう!というイベント。

 

中学生以上が参加できる「ずぶ濡れコース」を志願し、髪から足までずぶ濡れになったトリ夫婦(イメージ写真は、海洋博公園公式HPでアップされているこちらをご覧ください)。

 

海水したたり落ちる中、美ら海水族館に直行するのは気が引けて、近くのスタンドで販売していた「美ら島ゴールドパイン プレミアムソフト」を食べる。

 

沖縄明治乳業と沖縄美ら島財団が共同開発した、沖縄パインを使用した甘いソフトクリーム。

 

    

 

最高気温34℃で、すぐに溶けてくる。

美ら島ゴールドパイン プレミアムソフト

美ら島ゴールドパイン プレミアムソフト

全身が多少乾いてきたところで、美ら海水族館入館!

 

 

入館したばかりの感想は、水槽の水がきれい

 

気持ちよさそうに泳ぐカメ。

f:id:tri-girl:20190720142143j:plain

f:id:tri-girl:20190720142152j:plain

 

そして美ら海水族館の1番の見どころ、巨大ジンベエザメ登場!

f:id:tri-girl:20190720142206j:plain

 

下から見上げた方が、ジンベエザメの規模感分かりやすいかも。

f:id:tri-girl:20190720142219j:plain

 

エイも十分大きいんだけど・・・

f:id:tri-girl:20190720142229j:plain

 

ジンベエザメと比べると、コドモみたいに小さく見えてしまう。

f:id:tri-girl:20190720142253j:plain

 

もちろん、マンタもいるよ。

 

実はジンベエザメ、オスとメスの2匹いたりする笑。

f:id:tri-girl:20190720142306j:plain

ということで、下記記事にも記載した2011年通訳案内士過去問で、美ら海水族館の目玉であるサメを問われていますが、

www.tri-girl.com

 

皆さん、ジンベエザメですよー!!

ハートロック

ハートロックのある古宇利島に向かうため、絶景の古宇利大橋を渡る。

 

古宇利大橋展望所からの風景

古宇利大橋展望所からの風景

 

そして下記はドライブ中、車のフロントガラスから見た風景。

 

古宇利オーシャンタワーから見下ろす古宇利大橋。

古宇利オーシャンタワーから見る古宇利大橋

古宇利オーシャンタワーから見る古宇利大橋

 

そしてハートロックに到着。

f:id:tri-girl:20190720154538j:plain

 

ちなみに嵐のCMを事前に見るなど予習しなかったトリ夫婦、ハートロックの鑑賞方法を間違えました

 

左の岩がハート型に近いので、ハートロックと呼ばれているのだと勘違いして観光終了しましたが、

 

 

上記CMを見ていただくと分かる通り、角度を変えて見てみると、2つの岩でハート型ができるということでした。

 

そして、そして、きれいな風景をご紹介している最中にゴメンナサイ

 

嵐のファンの方にも事前にゴメンナサイ

 

ハートロックに関して辛口になります。

 

周辺に観光地らしい観光地がないハートロックは、ハートロックためだけに足を運ぶ必要があります。

 

実際行ったトリ女の感想としては、そこまでする重要観光スポットになりえるだろうか・・・です。

 

ハートロックに向かう歩道も、せまく、岩が多くて歩きにくいうえに、嵐効果なのか混雑している。

 

そして、やっとたどり着いて見たハートロックも、トリ女にとっては変わった形の岩にしか思えず、写真を数枚とって即観光終了

 

わざわざして運転して、混雑&歩きにくい歩道を通って、やっと見られたハートロック観光が2、3分で終了。

 

嵐ファンの方だったら感慨深いのかもしれませんが、観光スケジュールタイトのトリ夫婦にとっては、かなり微妙なスポットでした・・・。

おわりに

る・それいゆで沖縄料理を堪能したあとは、

f:id:tri-girl:20190720165811j:plain

「る・それいゆ」のジーマミ豆腐

「る・それいゆ」のジーマミ豆腐

 

ドライバーだったトリ夫(トリ女の夫)とオリオンビールで乾杯

オリオンビール

オリオンビール

トリ夫婦の沖縄旅行はまだ続きます。

 

ブログ更新のモチベーションになりますので、

トリ女のTwitterをフォローしてもらえると嬉しいです。

 

  • この記事を書いた人

Mami@Trilingual in JP, EN and CH

中国語キャリア模索中のアラサー駆け出し日英通訳者。超論理思考の夫に日々脳トレしてもらう、非キラキラ系コンサル妻。2020年4月第1子出産。 Fledgling English-Japanese interpreter, seeking for Chinese career as +α. At the same time, wife who has a consultant husband with ultra-logical thinking. And mother who gave birth in April 2020.

-プライベート, 旅行

Copyright© トリ女道〜日英中トリリンガル女子のキャリアブログ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.