プライベート 旅行

県内最大級!沖縄県・海洋博公園花火大会の魅力(2019年7月13日)

2019年7月18日

こんにちは!トリ女のマミです。

 

先日、3泊4日(海の日3連休+1日有休)で夫婦2人、沖縄を満喫してきました。

 

今回から複数回にわたって、沖縄の魅力(とたまーに歴史や沖縄トリビア)を、写真とあわせてご紹介していきます。

 

これから沖縄旅行に行かれる方や、沖縄に興味ある方、沖縄の通訳案内士を目指される方、旅ブログを読むのが好きな方などに、有益な記事になれれば幸いです。

 

 

はじめに

今回は、2019年7月13日(土)開催の第41回海洋博公園花火大会について、下記項目でまとめていきます。

 

  • 海洋博公園花火大会とは?
  • 那覇市~海洋博公園までの行き方
  • 花火大会感想
  • ゲストハウスなんで屋ねん

 

海洋博公園花火大会とは?

毎年7月第3週土曜日開催の、美ら海水族館もある海洋博公園(沖縄本島北部)のエメラルドビーチで開催される、県内最大級の花火大会(詳細は公式HPをご参照ください)。

 

20時開始の花火大会自体は、トータル40分(第1部:25分、第2部:15分)とやや短い。

 

が、参加無料のビーチアトラクションや、海洋公園内の各施設によるイベントが午前中から開催されるので(もちろん、エメラルドビーチで泳ぐこともできる)、お子さんがいる方・そうでない方も、海洋博公園で一日中楽しめるイベントである。

 

また、花火大会の日限定で、美ら海水族館閉館時間が、通常20時(入館締切19時)のところ、23時(入館締切は22時)に延長されるので、ナイト・アクアリウム(夜の水族館)が楽しめるようになっている。

 

花火大会後の混雑を避けたい方には是非おススメ。

 

那覇市~海洋博公園までの行き方

バスやタクシー利用される方は海洋博公園の公式HPを参照いただくとして、ここではトリ夫婦の移動手段でもある、レンタカーでの移動ルートをご説明する。

 

下記が通常ルートで、許田ICから一般道に入って海洋博公園に向かう(海洋博公園公式HPより)。

f:id:tri-girl:20190718212319p:plain

 

しかし、花火大会当日は混雑が予想されるため、上記ルート(下記で言う「名護湾側ルート」)以外に、下記迂回ルートが推奨されている(海洋博公園公式HPより)。

       

f:id:tri-girl:20190719205257j:plain

 

トリ夫婦の移動戦略は下記の通り。

 

  • 道が一番シンプルな王道の名護湾側ルートを選択(ペーパードライバーのため)
  • 行き帰りの超混雑を避けるため、公園から徒歩圏内で宿泊

 

那覇空港近くのレンタカー屋は混雑すると聞き、ゆいレール(モノレール)で移動し、県庁前駅のレンタカーを借りて、13:30頃那覇市出発。

 

そして16時頃、宿泊場所「ゲストハウスなんで屋ねん」到着。

 

そこから徒歩で海洋公園へ向かったのだが、想定以上に遠く(徒歩1時間の距離)、暑く(最高気温33度・晴)、そして重く(コンビニで水・お酒・スナック等を買い込む)、かなり体力を消耗したトリ夫婦。

 

しかも、花火大会会場のエメラルドビーチ(入場料無料)、2万人に達した時点でビーチに入れなくなる人数制限ありで、花火が見られるか分からない不安をかかえながら、17時過ぎ海洋公園到着。

 

そこからさらにビーチに向かって北上し、17:30頃ついにエメラルドビーチ到着!

 

受付の方によると、まだ2万人に達しておらず、かつ人数にまだ余裕あるとのこと。

 

花火大会開始までの時間は、沖縄限定サワー&チューハイで乾杯!!

 

f:id:tri-girl:20190718214317j:plain

f:id:tri-girl:20190718214344j:plain

 

ちなみにやや高めだが、花火大会当日限定で、那覇~海洋博公園を往復する観光バスもあるので(一番安いバスで、大人約4000円/人)、那覇に宿泊ホテルがあって、運転苦手&お酒飲みたい方にはおススメ。

 

花火大会の感想

誇張ではまったくなく、人生で1番の花火大会でした。

 

花火自体は40分と短いものの、花火密度が濃い

 

建物など障害が一切ない海の上で、夜空にカラフルな花火が光る幻想的な風景に心奪われます。

 

まず、第1部(25分)は沖縄づくし

 

歌手がナマで歌う沖縄曲に合わせて、花火があがるだけでなく、ステージ上でエイサーなど踊りが披露される、という初めて体験するエンターテイメントでした。

 

下記にその魅力の一部、お見せしちゃいます。

 

 

 

つぎに、第2部は(15分)。

 

雰囲気変わって洋楽にあわせて、カラフルな花火たちを鑑賞。

 

f:id:tri-girl:20190718221300j:plain

 

f:id:tri-girl:20190718221317j:plain

 

f:id:tri-girl:20190718221328j:plain

 

世界花火師競技会日本代表の有限会社伊那火工 堀内煙火店(明治32年創業)による打ち上げもあり、花火のタイミングと曲のリズムがばっちり合ってました。

 

大会終了後、花火の余韻を味わいながら、夜の沖縄を歩いて帰ったトリ夫婦。

 

花火大会関係者の方々、こんな素敵なイベントを企画頂きありがとうございました!

 

ゲストハウスなんで屋ねん

そして最後に、ご紹介するのを忘れてはいけない「ゲストハウスなんで屋ねん

 

Twitterはこちら。

twitter.com

 

花火大会当日、海洋博公園周辺ホテルは急激なインフレで高くなります。

 

花火大会2週間前の6月末、ホテルを探し始めたトリ夫婦には、6万~10万円の徒歩圏内ホテルしか残されておらず。

 

途方に暮れ、花火大会鑑賞すらあきらめかけていた。

 

そんなとき、キャンセルが1部屋でて予約できた救世主が「ゲストハウスなんで屋ねん」。

 

しかもなんと、2人で1泊4000円(シャワー・トイレ共同、駐車場無料)!

 

 

家主の方がとってもフレンドリーな関西風の男性で、「(海洋博公園行くなら)西日がえぐいから、日焼け止めもっていった方がええで」とアドバイスくれたり、「沖縄北部で、ここよりひどいゲストハウスはないでー(笑)」と笑わせてくれたりと、個性強い方。

 

ちなみに下記がトリ夫婦の部屋。

 

花火大会の疲れもあってか(往復徒歩2時間)、扇風機の心地よい風とともに熟睡。

ゲストハウスなんで屋ねん

ゲストハウスなんで屋ねん

 

夜は夜で、共有リビングで旅行者の方々との語らいがあったりと、とっても楽しそうでした。

 

が、なにせトリ夫婦、旅行スケジュール詰まりすぎで、さほどコミュニティに入れず。

 

後ろ髪ひかれながら、ゲストハウスをあとにしました。

 

「ゲストハウスなんで屋ねん」は、トリ夫婦に花火大会を見せてくれた救世主。

 

本当にありがとうございました!

 

おわりに

次回海洋博公園花火大会に行く機会があったら、「ゲストハウスなんで屋ねん」から海洋博公園まで、レンタカーでそのまま行くのもありかなと思っています。

 

花火大会参加者の過去ブログを拝見すると、海洋博公園付近の無料駐車場・有料駐車場ともに混雑し、帰るのが大変らしいです。

 

が、えぐい西日を浴びながら、炎天下重い荷物を持って、海洋博公園まで1時間歩いていくのも結構ハードです(帰りは、行きほど苦にはならなかったですが・・・)。

 

海洋博公園内の屋台で並ぶのを覚悟で、重い荷物(アルコールやスナック)を持たないというのも一案かもしれませんね。

 

30代トリ夫婦の短い人生経験ではありますが、最高に素敵な花火大会でした。

 

来年以降7月中旬に沖縄旅行計画されている方は、海洋博公園花火大会に行ってみてはいかがでしょうか?

 

ブログ更新のモチベーションになりますので、

トリ女のTwitterをフォローしてもらえると嬉しいです。

 

  • この記事を書いた人

Mami@Trilingual in JP, EN and CH

中国語キャリア模索中のアラサー駆け出し日英通訳者。超論理思考の夫に日々脳トレしてもらう、非キラキラ系コンサル妻。2020年4月第1子出産。 Fledgling English-Japanese interpreter, seeking for Chinese career as +α. At the same time, wife who has a consultant husband with ultra-logical thinking. And mother who gave birth in April 2020.

-プライベート, 旅行

Copyright© トリ女道〜日英中トリリンガル女子のキャリアブログ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.