グルメ プライベート

超人気カレー店・吉田カレー&トマト(荻窪)|東京グルメ

2019年11月3日

こんにちは!トリ女(日英中トリリンガル女子)のマミです。

30代共働き夫婦のトリ女とトリ夫(トリ女の夫)の趣味の一つは、グルメ探索

特にトリ女が妊娠してからは(現在妊娠4か月目)、ベビーがいたら行けないお店に今のうちに行っておこう!という強いインセンティブが働き、やや高い頻度でグルメ探索しています。

今回はトリ女ブログのグルメ記事2回目で、「東京グルメ:超人気カレー店・吉田カレー&トマト(荻窪)」と題して、予約不可・並ばないと堪能できない、東京・荻窪のカレー店・吉田カレー&トマトをご紹介します。

 

これまで「東京グルメ」シリーズでご紹介お店はこちら。

東京グルメ:超人気焼き肉店・スタミナ苑(足立区)

東京グルメ:超人気カレー店・吉田カレー&トマト(荻窪)は本記事でお伝えする

東京グルメ:超人気カレー店・旧ヤム邸 シモキタ荘(下北沢)

超人気焼鳥店・鳥田中(鐘ケ淵)|東京グルメ

はじめに(吉田カレー&トマトの紹介)

吉田カレーは東京・荻窪駅北口徒歩5分にあるカレー店で(公式HPはこちら)、某グルメレビューサイトの荻窪カレーランキングで上位に掲載されるお店である。

f:id:tri-girl:20191103130649j:plain

吉田カレーの特徴は店主の個性(信条?)が強いところ。

のちに詳しく紹介するが、メニューや張り紙に「頼みすぎて残すとか、人として考えられないので止めてください」などの、やや強めのオコトバが散見されるため、初めての来店者は少し警戒してしまうかもしれない。

が、某グルメレビューサイトの荻窪カレー上位にランクインし、行列絶えない店となっている現在、多くのカレー好きを魅了するお店であると言っても差し支えないだろう。

もう一方のカレー店・トマトは東京・荻窪駅南口徒歩5分にあるお店で、某グルメレビューサイトの荻窪カレーランキングで上位に掲載されるお店である。

f:id:tri-girl:20191103130713j:plain

2019年4月23日(火)のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で紹介され、こちらも連日行列絶えない有名カレー店となっている。

いざ!吉田カレーへ

開店30分前の11:00に向かうと、すでに長い列ができていた。

f:id:tri-girl:20191103132957j:plain

トリ夫婦は10組前後目ほどで、1巡目での入店は難しいと悟る。

その後店員の方がメニューを持って順番にオーダーを取り始めた。

メニュー1ページ目には、店主のカレーへのこだわりが記載されており、特に注意する点はなさそう。

f:id:tri-girl:20191103133347j:plain

※2019年10月時点のメニューです。

が、2ページ目から店主のオコトバが出現。

f:id:tri-girl:20191103133427j:plain

追加注文は受け付けません(超めんどくさいから)

少しでも気に入らない方は他に行ってください こちらも売りたくありません

など、強めのオコトバにたじろぐトリ夫婦。

気を取り直して3ページ目。

f:id:tri-girl:20191103133409j:plain

店主風の言い方で、食べ残ししないでね、との注意喚起を受ける。

11:40頃入店(開店時間がやや早かったと記憶している)。

回転速いなーと思ったのも入店して納得、皆さん無言でカレーを黙々と食べているから。

料理の撮影は許可されているので、「めんどくさい時は注文受けません」と説明書きあったバナナミルク(注文出来てよかった!)とカレーを写真つきで下記に紹介。

f:id:tri-girl:20191103134547j:plain

バナナミルク(300円)

トリ女がオーダーしたキーマカレー小(MIX)。

f:id:tri-girl:20191103134601j:plain

キーマカレー小(MIX)+チーズトッピング(計1300円)

トリ夫(トリ女の夫)がオーダーしたキーマカレー小(辛口)。

f:id:tri-girl:20191103134615j:plain

キーマカレー小(辛口)+豚・中華アチャール・チーズトッピング(計1800円)

2人で計3400円也。

もちろん味は格別なので、これで2人分・3400円はコスパ良いかなーと。

とは言うものの、食事のトータル評価は「食事の美味しさ+会話(雰囲気)」だと考えるトリ女にとって、やや緊張しながら、夫と2人でほぼ無言でカレーを食べることに違和感もあり。

男性客が圧倒的に多かったのも、なんとなく理解できる。

カレーの味を静かにかみしめたい!という方にはおススメ。

いざ!トマトへ

つぎに、別日に訪れたトマトをご紹介。

テレビで紹介されたこともあり、吉田カレーより並ぶだろうと思われたので、開店約2時間30分前の午前8:50に到着すると(開店時間は11:30)、すでに4人(1人+3人の2組)が並んでいた。

最低気温10度前後の寒い2019年10月下旬、長時間並ぶのは意外とカラダにくる。

そこから列が伸びていき、開店1時間前の10:30頃、奥様が登場して人数を数えながら下記「お昼の営業は終了いたしました」札を列の最後尾に設置。

f:id:tri-girl:20191103140831j:plain

11:00頃奥様の気遣いで1巡目が入店し、オーダーを取っていただく。

f:id:tri-girl:20191103140850j:plain

f:id:tri-girl:20191103140901j:plain

※2019年10月時点のメニューです。

あとは店内を観察しながら、先に用意していただいた福神漬けなどを味見。

f:id:tri-girl:20191103140918j:plain

f:id:tri-girl:20191103140928j:plain

f:id:tri-girl:20191103140947j:plain

ひとりひとり丁寧に作っているようで、3組目のトリ夫婦が料理を受け取れたのは入店してから1時間後の12:00頃。

トリ女のオーダーは和牛ビーフシチュー。

f:id:tri-girl:20191103141006j:plain

和牛ビーフシチュー(4300円)

トリ夫のオーダーはビーフタンカレーにチーズ・野菜トッピング。

f:id:tri-girl:20191103141020j:plain

ビーフタンカレー+チーズ・野菜トッピング(3900円)

そして溢れ出すチーズ。

f:id:tri-girl:20191103141030j:plain

ちなみに1人1オーダーのみ

トリ夫婦の後ろに並んでいた外国の方が、2つオーダーしようとしたら断られていた。

その外国の方がオーダーしたシーフードカレー。

f:id:tri-girl:20191103141048j:plain

シーフードカレー(3400円)

ビーフタンカレーを食べにまた来なきゃ、と言いながらシーフードカレーを堪能していた。

2人で計8200円也。

多くの方に「高い!」と思われるかもしれないが、カレー&シチューの濃厚な味と、口の中で溶ける絶品の牛肉、一人一人丁寧に対応するお店の雰囲気を総合的にみると、価格相応の価値ありと考える。

おわりに

荻窪はカレーの宝庫でした。

味・雰囲気ともに総合評価でトマトの方が格上だと思いますが、長時間並ぶ+価格がやや高め(その価値あるとは思います)のため、気軽に並んで、手ごろな値段で美味しいカレーを堪能したい方には吉田カレーがおススメです。

記事更新のはげみになりますので、トリ女のTwitterをフォローしてもらえると嬉しいです。

 

これまで「東京グルメ」シリーズでご紹介お店はこちら。

東京グルメ:超人気焼き肉店・スタミナ苑(足立区)

東京グルメ:超人気カレー店・吉田カレー&トマト(荻窪)は本記事でお伝えした

東京グルメ:超人気カレー店・旧ヤム邸 シモキタ荘(下北沢)

超人気焼鳥店・鳥田中(鐘ケ淵)|東京グルメ

  • この記事を書いた人

マミ@日英中トリリンガル

中国語キャリア模索中のアラサー駆け出し日英通訳者。超論理思考の夫に日々脳トレしてもらう、非キラキラ系コンサル妻。2020年1月現在妊娠中&同年春に第1子出産予定。

-グルメ, プライベート

Copyright© トリ女道〜日英中トリリンガル女子のキャリアブログ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.