トリ女道~トリリンガル女子のキャリアブログ~

日英通訳の私が+αで中国語のキャリアを模索します

トリ女、面接に行く(英語学習アプリ:英語コーチ編)

こんにちは!トリ女のマミです。

今回は「トリ女、面接に参加する(英語講師編)」と題して、

トリ女の面接体験を共有します。

はじめに

プロフィールでもお伝えしておりますが、

トリ女、長期的には日英中の講師を目指しています。

その目標に近づくべく、

社内通訳する傍ら、語学教育に携わるお仕事を探してました。

 

その一環で、某英語学習アプリの英語講師の面接に参加してきましたので、

その体験を皆さまと共有したいと思います。

面接プロセス

「英語指導経験者はもちろん、未経験者も歓迎!」というキャッチフレーズで、

英語力の条件がTOEIC800点以上のため応募。

在宅ワークなのも魅力的だった。

 

書類選考 →  動画面接(在宅) →  面接(企業) の3プロセス。

 

書類選考は通常通り履歴書と職務経歴書の提出で、

翌日に選考通過の知らせをメールで受領。

 

動画面接(在宅)は人生初。

携帯に指定の撮影アプリをダウンロードし、

自己紹介、志望動機、(ある状況を与えられて)英語学習のアドバイス、

をそれぞれ70秒で撮影すると自動的に転送される。

その4-5日後に動画面接通過・面接(企業)招待のお知らせをメールで受領。

 

平日19:00に本社到着。

トリ女の前に2人、あとに1人面接を待つ。

面接で架空の生徒との会話シュミレーションがあるため、

待ち時間にシュミレーション準備をする(当日特定の状況を与えられる)。

 

面接では、簡単な志望動機を聞かれたあとすぐにシュミレーション実施。

そのあと、トリ女が某学習アプリについていくつか質問して終了。

1-2週間後に面接結果を連絡するとのこと。

面接結果

1週間以内に結果をメールで受領。残念ながら不合格でした。

理由は分かりませんが、経験則で面接官との相性なのかなと。

縁がなかったということで Next Challenge 考えます。

おわりに

結果は不合格でしたが、

面接に参加するとそれなりに得られる経験もありますね。

特に動画面接は初受験でした。

 

また面白い面接に出会ったら、

皆さんとこの場で共有できたらと思います。

 

元気になりたい時にトリ女がよく聴く曲。

林原めぐみさんの『Give a reason』

 

記事更新のはげみになりますので、

トリ女のTwitterをフォローしてもらえると嬉しいです。